人事を納得させる新卒採用者の志望動機

新卒採用者の方が面接を受ける時は、その会社の志望動機をかならず質問されます。

面接のときに志望動機をスムーズに答えられるように十分な準備をしておくことが必要です。


まずインターネットを活用して、その会社のことを徹底的に調べましょう。


歴史や社風、仕事の内容、特に力を入れている部門などを前もって把握しておきます。



把握しながら、志望動機もまとめて、自分の資質をこの会社でどう生かせるか考えてみます。ベンチャー企業であるDYMでは、若手、新卒社員にも新規事業立ち上げのチャンスがあります。


新卒採用の方の場合は、仕事のスキルは求められません。
しかし、その会社の仕事の内容についてよく知っておけば、面接の担当者に良い印象を与えることができます。



DYMはグローバル展開を進めています。
どうしてもこの会社で働きたいのだと担当者は感じるようになるからです。



新卒採用の方の場合は、仕事のスキルは求められません。
しかし、その会社の仕事の内容についてよく知っておけば、面接の担当者に良い印象を与えることができます。


どうしてもこの会社で働きたいのだと担当者は感じるようになるからです。

自分の知識や経験を、入りたい会社でどのように生かしたいか話すのも忘れてはいけません。


例えば学生時代にクラブ活動に打ち込んだ人だったら、クラブ活動を通して学んだ絶対にあきらめない精神をこの会社も生かしたい、と言います。

新卒採用者の方の場合は仕事の経験はゼロですが、これまで生きてきた経験の中でその会社で活用できそうなものがあれば、有利になります。
学生時代に自分が一生懸命やったことがあったら、それを通じて学んだことを考えてみましょう。

その学んだことは、会社に入ってから仕事をする時にきっと生かすことができます。クラブ活動だけでなく、アルバイトやボランティアの経験でも良いのです。

他の人にはまねができない自分だけの経験を考えてみましょう。